Troponin I | Troponin T | CKMB | Myoglobin | NT-proBNP | CRP | βhCG | D-dimer | PCT

D-ダイマー測定

D-ダイマーは静脈血栓塞栓症を診断する際の補助として使われる凝固マーカーです

静脈血栓塞栓症とは?

静脈血栓塞栓症(VTE)は深部静脈に血栓が形成される疾患です。
血栓あるいは血栓の断片が遊離し、血液循環に入ると、肺の小血管を完全に詰まらせて、肺塞栓を引き起こすことがあります。

患者が深部静脈血栓症(DVT)や肺血栓塞栓症(PE)を発症していないかを診断するために、D-ダイマー測定を使用します。

DVTは、深部静脈、たいていは脚部、に血栓が形成される比較的よくみられる疾患です。血栓は成長して血流を閉塞する可能性があります。

患者は、下肢痛、圧痛、腫張、変色、浮腫などの症状を示します。致死率の高い肺血栓塞栓症などの合併症を発症するリスクが高いため、迅速なD-ダイマー測定、診断、治療が必要となります。

D-ダイマー測定は、致死率が高いにもかかわらず発見が困難なVTEの診断補助に使用します [1,2,3]

D-dimer test on the AQT90 FLEX analyzer

  • 肺血栓塞栓症での死亡率は10~30%です。
  • 米国における肺血栓塞栓症に起因する年間死亡者数は65万人で、肺血栓塞栓症は死亡原因の第3位になっています。
  • 米国患者の診断で見逃される肺血栓塞栓症は40万件で、その内
    約10万人の患者が死亡しています。
  • 肺血栓塞栓症は病院死の60%を占め、肺血栓塞栓症の診断の見逃しはその内約70%のケースで発生しています。
  • 急性肺血栓塞栓症患者の10%が発症から60分以内に死亡しています。
  • 初期肺血栓塞栓症を克服した患者の3人に1人が肺血栓塞栓症を再発して死亡しています。        

質の高いD-ダイマー測定の必要条件

  1. 高い陰性的中率(NPV):NPVが高いということは、測定によりVTEの可能性を除外した患者が実際にVTEを発症していない可能性が高くなります。
  2. 高い特異度:特異度が高ければ、不必要な健常者の画像診断を最小限に抑えることが可能です。 
     

D-ダイマー測定の使用方法[4,5]

  • DVTを確実に除外するにはD-ダイマーの測定が有用です。*
  • 診断で心不全とPEを識別するにはD-ダイマーとNT-proBNPを合わせた測定が効果的です。
  • PE の予後診断には、D-ダイマーとNT-proBNPやトロポニン I/Tを合わせた測定が有用です。

* 疾患可能性評価と併用した場合

AQT90 FLEXによるD-ダイマー測定の性能証明 [6]    

ddimer_graph

AQT90 FLEXによるD-ダイマー測定は、高いNPVを示しますので、DVT患者を治療せず帰宅させてしまうリスクはより低くなります。 

特異度においてもAQT90 FLEXによるD-ダイマー測定は非常に高い値を示します(偽陽性率が低い)ので、VTEを発症していない患者に高価な画像検査を不必要に行わずに済み、実際にVTEを発症している患者により多くの時間をかけることが可能になります。

AQT90 FLEXによるD-ダイマーが実現できること*

  1. 健常な患者を高い確実性で除外
  2. 画像検査にかかる費用の削減
  3. 実際に発症している患者により多くの時間を使用

* 疾患可能性評価と併用した場合

AQT90 FLEX によるDダイマー免疫測定の基本性能 

Mancheck

  • 特異度  71 %
  • 感度 98 % [7]
  • 基準範囲(95パーセンタイル)
    50歳未満 – 630 µg/L(0.63 µg/mL)
    50歳以上 – 654 µg/(0.654 µg/mL)
  • カットオフ値 500 µg/L(0.5 µg/mL)

 

References

  1. CDC Data & Statistics, Deep Vein Thrombosis (DVT)/Pulmonary Embolism (PE), available at www.cdc.gov/ncbddd/dvt/data.html
  2. Calder KK et al: The mortality of untreated pulmonary embolism in emergency department patients. Ann Emerg Med 2005; 45:  302-10
  3. Laack TA, Goyal DG: Pulmonary embolism: an unsuspected killer. Emerg Med Clin N Am 2004; 22: 961–8344.Ref:
  4. Bates SM et al. Chest 2012; 141(2 Suppl): e351S-418S
  5. Konstantinides SV et al. Eur Heart J. 2014 Nov 14;35(43):3033-696.  
  6. AQT90 FLEX D-dimer CE mark study
  7. Sidelmann JJ, Gram J, Larsen A, Overgaard K, Jespersen J.  Thromb Res. 2010;126:524–530
               

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について