Home > 製品血液ガス分析装置 > ABL9 血液ガス分析装置


ABL9 血液ガス分析装置

Clever made simple

ABL9 血液ガス分析装置

Clever made simple

血液サンプル1本で患者状態を把握:

  • シンプルな操作性
  • わずか70 μLの血液から包括的な緊急検査項目を測定
  • 酸素摂取能、換気能、酸素運搬能、酸塩基平衡状態、体液バランスの評価が可能



血液ガス分析装置 ABL9は、検査室はもちろんPOCTの現場で様々な方がご使用される場面を想定し、特別に設計されています。


シンプルな操作性を念頭に開発され、設置面積が小さいので場所を問わず、ご施設に適した運用を行っていただけます。


スクリーン上に表示されるステップ毎のガイドに従うだけで、患者サンプルを簡単に測定でき、酸素化や電解質の状態だけでなく酸塩基平衡状態に関する結果を即座に得ることができます。




pH | pO2 | pCO2 | Hct | cK+ | cNa+ | cCa2+ | cCl-


ポイントオブケアの現場でも容易に測定できるようにデザイン

ABL9血液ガス分析装置は70uLの血液からわずか70秒で信頼できる結果が得られます。迅速かつ容易な血液ガス測定のため、シンプルな操作を重視した設計です。

 

ABL9が患者ケア改善のお役に立てるようどのように作られているか、ビデオをご覧ください。




血液ガス測定の解説

血液ガス分析で、pH、酸素分圧(pO2)、二酸化炭素分圧(pCO2)、酸塩基平衡状態を電解質やヘモグロビンといったその他の重要な情報とともに測定することにより、重篤な患者の呼吸および代謝状態に関する情報を得ることができます。

下のリンクに掲載されている前半3本のビデオで、慢性閉塞性肺疾患(COPD)、中毒、敗血症の3つの重篤な患者症例をもとに血液ガス分析が重要な理由を再確認できます。

後半3本のビデオでは、動脈穿刺を実施する際、血液中の酸塩基平衡状態を理解する際、および血液ガス分析の結果を読む際など、血液ガス分析時の注意点をご紹介いたします。



血液ガス分析をガイド

 


ABL9の資料請求

 

 


*必須欄

以下の方法により、ラジオメーターニュースと情報の配信を希望します。配信をいつでも停止できることを理解しました。

このフォームの提出により、データプライバシーの通知を確認し理解したことを認めます


血液ガス測定に関するRadiometerのソリューションを確認する


血液ガス測定に関する学術論文



Useful tips to avoid preanalytical errors in blood gas testing: pH, pCO2 and pO2

By Chris Higgins


血液ガス測定に関する学術論文

abl80 blood gas analyzer

Why measure blood gases? A three-part introduction for the novice - Part 1

By Chris Higgins


血液ガス測定に関する学術論文

abl80 blood gas analyzer

100 years of blood gas and acid base analysis in clinical medicine

By J. Kofstad



血液ガス測定に関するWebセミナー


Acute care testingハンドブックをダウンロードする

救急治療検査における血液ガスおよびその他の重要なパラメータに関する無料ガイドをダウンロード。

Download Radiometer's acute care testing handbook

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました