集中治療の必要な新生児および小児患者のために設計された装置

TCM CombiMモニタ

信頼性の高い独自のセンサテクノロジーでtcpO2とtcpCO2をモニタリング

TCM CombiMモニタは、新生児および小児患者のモニタリングに最適です。 非侵襲的な信頼性の高いリアルタイムの経皮pO2およびpCO2情報を連続して得ることができ、また、さまざまな高性能センサを使用できます。

TCM CombiMの測定項目であるpO2は、集中治療を受ける新生児患者において、高酸素症や未熟児網膜症(ROP)など重篤な合併症のリスクを回避するために非常に重要なパラメーターです。

TCM CombiMは、スマートキャル機能と、独自のゴールドプレートセンサテクノロジーを備えたtcセンサ84、tcセンサ54が組み合わされています。 ラジオメーターのゴールドプレートセンサメンブランの保護技術により、センサの物理的損傷リスクを低減します。 このセンサは、長期間の連続使用後でも結果の信頼性が高く、また、メンブラン交換も最大2週間に1度であり、看護担当者の貴重な時間に余裕ができます。

測定パラメーターのトレンドがTCM CombiMモニタにリアルタイムで表示されるため、重大な変化に対する臨床的介入が即座に確実に行えるようになります。

TCM CombiMモニタはさまざまな通信プロトコルを利用し、あらゆる患者生体情報モニタやPCとインターフェースできます。 スマートキャル機能により、手動キャリブレーションしなくても安定した測定が可能です。

病院スタッフは、内蔵のビデオチュートリアルでTCM CombiMモニタ使用法のトレーニングを簡単に受けることができます。このチュートリアルセッションはいつでも復習できます。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました