グルコース、ラクテート、血液ガス、電解質および代謝項目の測定

麻酔

麻酔中患者の術中モニタリング時および特殊な人工呼吸法使用時において、連続モニタリングは正常な生理機能を確実に維持するためにきわめて重要です

麻酔中患者の術中モニタリングおよびHFJV、HFO、一側肺換気などの特殊な人工呼吸法を必要とする処置中では、ラジオメーターのグルコース、ラクテート、血液ガス、電解質、代謝項目測定は、正常な生理機能を確実に維持するための連続モニタリングで非常に重要な役割を果たしています。

さらに、麻酔中患者の術中モニタリングの一部として、ラジオメーターの経皮的モニタリングでは、患者の換気状態(tcpCO2)と酸素化(SpO2)レベルに関する連続的な情報を得ることができます。

これは非侵襲的に行われ、HFJV、HFO、一側肺換気などの特殊な人工呼吸法を必要とする処置中に効果的です。

患者の換気および酸素化レベルの経皮的モニタリングは、内視鏡検査、軟性光ファイバー腹腔鏡術、気管支鏡検査、心臓カテーテル挿入などの診断・治療処置のためのモニター下麻酔ケアや処置時鎮静でも有用です。

その他の用途には、鎮痛薬の副作用モニタリングや、麻酔後治療室での患者監視などがあります。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました