臓器に影響が出る前に循環問題の検知をサポート.

血管診断と創傷治療

ラジオメーターの経皮血液ガスモニタは、組織への酸素供給量に関する情報を提供します

酸素の摂取、運搬または放出の変化は tcpO2値に反映されるので、tcpO2値は臓器に影響が出る前に循環の問題を検知するのに役立ちます。

組織への酸素供給量(皮膚の酸素化/微小循環と灌流)の非侵襲的な経皮的モニタリングは、重症下肢虚血の検知、創傷治療の最適化、および最適な切断レベル決定のための定評ある貴重な診断ツールです。

また、組織への酸素供給量の経皮的モニタリングは、術後の術創治癒の評価、高圧酸素治療のモニタリング、遊離皮弁生存の最適化において有用です。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました