睡眠障害における夜間低換気の評価または換気量設定のために

睡眠診断

患者の睡眠を妨げない連続tcpCO2モニタリングは、睡眠診断における夜間低換気の評価や換気量設定に重要です

ラジオメーターのtcpCO2 および SpO2 経皮的モニタリングの組合せは、睡眠関連呼吸障害のリスクのある患者の低換気状態を検知するのに役立ちます。 これらのパラメーターは、人工呼吸器設定の変更や酸素供給量の最適化のために有用です。

センサの測定は非侵襲的であり、胸部、前腕、または、患者の不快感を減らすために最長12時間測定できる耳たぶなど、さまざまな部位に簡単に装着できます。

ラジオメーターの経皮血液ガスモニタは、主要な睡眠ポリグラフおよび主な患者管理システムに対応しています。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました