ラジオメーターグループ

ラジオメーターは、採血、血液ガス分析、経皮モニタリング、免疫測定、および関連するIT管理システム向けのソリューションを、ABL、AQT、TCM、AQURE、PICO、CLINITUBES、QUALICHECKのブランド名で開発・製造・販売しています

1935年に創立され、デンマークのコペンハーゲンに本社を置くラジオメーター社は、血液ガス分析のパイオニアであり、1954年に世界初の血液ガス分析装置を導入しました。

現在、ラジオメーターの製品とソリューションは、130以上の国々の病院、診療所、検査施設で使用されており、急性期医療検査で最も重要なパラメーターに関する情報を提供しています。

実際、ラジオメーターの装置は、世界のどこかで1秒間に5件の測定を行っています。 これは、1分間に300検体、1時間に18,000検体、1日に432,000検体ということです。 つまり、ラジオメーターの装置により、世界のどこかで年間157,680,000検体が測定されています。

GLOBE

グローバルプレゼンス

  • 30ヵ国に代理店
  • その他の国々をカバーする100 以上の販売代理店 
  • デンマーク、米国、スイス、フィンランド、ポーランドに製造・研究開発企業

 

Flat_world_map 

オーナーシップ

ラジオメーターは、ダナハー社 (NYSE:DHR) のライフサイエンス・診断事業の一員であり、検査室、病院、その他のクリティカルケアの現場で疾患を診断し治療を決定するための様々な装置、消耗品、ソフトウェア、サービスを提供しています。

ダナハー社が所有しているその他のライフサイエンス・ダイアグノスティック企業は、HemoCue (Radiometerグループの一員)、Beckman Coulter、Leica Microsystems、Leica Biosystems、Molecular Devices、Sciexがあります。

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について