ホーム > ナレッジセンター > 血液ガス検査における測定前エラーのリスクを低減

 


血液ガス検査における測定前エラーのリスクを低減

検体の正しい採血でユーザーおよび患者の測定前段階の安全性を向上させます。


研究によると臨床検査に関連するエラーの62%までもが測定前段階で起こることが示されています。これらは患者にとって正しくない結果、ユーザーの受傷、血液ガス分析装置のダウンタイムなどにつながる可能性があります[1]。


血液ガス検査の測定前段階において必要な手順に対する適切な注意や検体の正しい採血方法を行うことで、ほとんどの測定前エラーを回避することができます。


参考文献

[1] Carraro P et al. Errors in a stat laboratory: Types and frequencies 10 years later. Clin Chem 2007; 53,7: 1338-42.



測定前段階に起こる可能性のあるエラーについて解説いたします

血液ガス-Preanalyticsアプリは、参考文献および国際的に推奨されている慣行に基づいて、血液ガス検査の測定前段階およびその測定前段階に起こり得るエラーとそれを回避する方法について紹介しています。



safePICO動脈血サンプラーは混和を容易にします

ラジオメーターが開催した血液ガス検査の測定前エラーを回避するためのWebセミナーにおいて、参加者の48%が血液ガス検査の測定前段階の最も多いエラーとして混和に関する問題を挙げています。混和に関連するエラーの例には、検体の凝固または溶血があります。  

 

safePICO動脈血サンプラーは検体の十分な混和を確保できるように設計されています。safePICO動脈血サンプラーはミキシングボールおよび乾燥電解質バランスヘパリンを内蔵し、凝固のない均一な検体を確保し、信頼できる結果を入手できます。


safePICO動脈血サンプラーは以下に示すその他の測定前エラーの低減をサポートいたします:

 


測定前エラーを低減するソリューションについてご案内します


測定前エラーに関するWebセミナーおよび学術文献


血液ガス測定に関するソリューションを見る

このウェブサイトではクッキーを使用しています

クッキーの使用について
パスワードを忘れた場合
ユーザーが見つかりません
送信
ラジオメーターの社員はユーザー名を入力してください。パスワードをリセットします。
パスワードリセットのメールを送信しました
パスワードをリセットします
パスワードが変更されました
パスワードの変更が必要です。
MyRadiometerを引き続き使用される場合、パスワードを変更してください。.
パスワードが変更されました